TIS株式会社様がCorda 4.7で新たに追加された『re-issuance』(再発行)の機能検証についての技術的記事を公開されています。

「re-issuance」は長くなったTransactionチェーンを切り、Stateを再発行する機能です。

CordaのTransactionチェーンは、長くなると主に二つの課題が発生します。
①川下の保有者に川上の保有者や参加者が開示されてしまう。
②パフォーマンスの低下(Transactionを遡及して検証するため)

トレーサビリティのようなユースケースであれば、①はメリットになりますが、デジタル通貨や有価証券の流通を表現したい場合はプライバシーリークの一因になり得ます。

例えば、Aさんが持っている”100円state”がBさんを経由してCさんに渡った場合、もともと”100円State”をAさんが保有していたことを、Cさんに知られても大丈夫か?といった課題があります。

このように、ユースケースによってはTransactionチェーンをある程度の長さで切断し、安全に(不整合なく)再発行する必要が出てきます。

上記のロジックは実装が複雑になる可能性が高いため、Cordaは4.7から標準として「re-issuance 」の機能を実装しました。

今回、TIS様は「re-issuance」に加えて「Token SDK」と「Account」を組み合わせたCorDappsを作成し、実装方法および性能試験についての検証結果を公開されています

実際の機能検証と結果に関する貴重な記事になっておりますので、是非ご覧ください。

また、re-issuance機能自体に関するSBI R3 Japanの解説記事はこちらです。

Photo by Florian Olivo on Unsplash

TIS株式会社様について

東京都新宿区に本社を置く、大手のシステムインテグレーター(独立系)。インフラとなる基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、システム運用のプラットフォーム等、幅広く提供している。

おすすめ記事


Photo by Christopher Gower on Unsplash

TIS株式会社様がCorda Enterprise4.7で新たに追加された『Archive Service』の機能検証についての技術的記事を公開されています。

Archive ServiceはノードのDB上から不必要なTransactionおよびそれに付随するStateをアーカイブできる機能です。

一般的にブロックチェーン上のデータは削除が難しく、運用していくとデータ容量が増えていく一方なので、インフラコストが課題となります。CordaのArchive Serviceを使うことで台帳上のデータを安全に消すことが可能になるので、このような課題を解決することができます。また、アーカイブしたファイルをインポートすればデータを復元することも可能です。

また個人情報を扱う場合など、台帳上のデータを”ユーザーの同意のもと消せる”ことが要件に入ってくるサービス構築の際にも役立つ可能性があります。

実際の機能検証手順と結果に関する貴重な記事になっておりますので、是非ご覧ください。

TIS株式会社様について

東京都新宿区に本社を置く、大手のシステムインテグレーター(独立系)。インフラとなる基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、システム運用のプラットフォーム等、幅広く提供している。

おすすめ記事

記事一覧はこちら


TIS株式会社様がCordaに関する技術的記事を公開されております。

実際の運用・設定に関する貴重な記事になっておりますので、是非ご覧ください。

TIS株式会社様について

東京都新宿区に本社を置く、大手のシステムインテグレーター(独立系)。インフラとなる基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、システム運用のプラットフォーム等、幅広く提供している。

https://www.tis.co.jp/?source=post_page---------------------------


Photo by Alfons Morales on Unsplash

■最新記事
■連載記事「ブロックチェーンで世界を変える」
■Cordaユースケース紹介
■Cordaで始めるブロックチェーン
【ビジネス】【テクノロジー】
■Corda 技術系記事
■アップデート情報記事
■Cordaイベントレポート

■最新記事■

最近リリースされた記事をこちらにまとめています。

3/30公開

3/10公開

■連載記事「ブロックチェーンで世界を変える」■

author/SBI R3 Japan 山田 宗俊

SBI R3 Japan にてCordaを利用したビジネス開発を推進。FLOCブロックチェーン大学校ではビジネスコース(金融・証券分野への応用)を担当するなど、ブロックチェーン業界の第一人者として活躍する著者が、ブロックチェーン/Cordaを用いることで、既存ビジネスがどのように変わっていくを解説する記事になります。


TIS株式会社様が「R3 Cordaノードの高可用性(HA)とその構成方法」というタイトルでCordaに関する技術的記事を公開しております。

実際の運用・設定に関する貴重な記事になっておりますので、是非ご覧ください。

TIS株式会社様について

東京都新宿区に本社を置く、大手のシステムインテグレーター(独立系)。インフラとなる基幹システムから、高い競争力を生むアプリケーション、システム運用のプラットフォーム等、幅広く提供している。


Cordaで世界を変えよう

みなさん初めまして。SBI R3 japan株式会社です。

この度、SBIホールディングス株式会社と米国のR3HoldCoLLC(以下R3社)は、日本におけるR3社の分散台帳技術プラットフォームであるCordaおよびCorda Enterpriseの普及のため合弁会社を設立しました。今後は上記の技術の普及を通して、世の中の安全性・利便性の向上に貢献していく所存です。

(以下SBIホールディングスプレスリリース)

本コミュニティ(Corda japan)は、Cordaを深く理解することを目的としております。Cordaの理解も重要ですが、それ以上に重要なことは、この技術を金融その他のシナリオにどう適用するか、という観点で探求を続けることです。日本独自のコミュニティーを形成し、日本から世界に発信できるソリューションを検討していきましょう。

R3は世界で70社以上の主要な金融機関とパートナーシップを組みコンソーシアムを形成しています。分散台帳技術を金融マーケットへと適用していくために、協働して調査・実証実験・設計・実装を進めております。

R3(Corda)のビジョンは、誰でもシームレスに金融取引が出来き、取引が正確に記帳される基盤を構築する、というものです。特定の第三者なしで、取引が関係者だけに共有され、正確に記帳・保持されるといった世界が来ることを想像しています。重複やリコンシリエーション、認識相違等は過去のものになるでしょう。

また、各社がそれぞれで独自のシステムを単独で持つこともなくなっていくでしょう。法規制に則りつつ、金融サービスのユースケースに合った
共有台帳という基盤を追及していきたいと思っています。

今後、Corda japanの場において、R3社やCorda関連の記事の翻訳や解説、イベントの情報といった役立つ記事を載せていく予定です。このコミュニティを通して少しでもみなさまの分散台帳技術およびR3、Cordaへの理解が深まることを祈っております。

2/2に行われるイベント情報のリンクを張らせていただきます。是非参加してみてください。

SBI R3 Japan株式会社

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store